2010.5 英国アンティークジュエリーフェア
2010.5
英国アンティークジュエリーフェア

先日LONDON在住30年、親友の由美子さんからテルあり
素敵なアンティークをたくさん見つけたわよ!
昨日日本に送ったわ、期待しててね(^-^)/
函館のLONGWALKの妹裕子さんから、
予定より早い11日大分に到着しました
札幌のデパート、東京、大阪などを差し置いて
真っ先にパディントンにやってきました

ダイアモンド社出版「イギリス人は甘いものがお好き」の著者であり、
NHK教育ETV特集放送、家庭画報(イギリス特集をコーディネート)
文藝春秋他多数掲載、ヴァージン・アトランティック航空HP
のblogでもお馴染みの木島由美子タイバースが直接買い付けした

厳選・イギリス・アンティークジュエリーフェア開催
5月12日? 31日 10:30?18:30
パディントンTEA ROOM
ご連絡下されば夜もOK

お気軽に手に取ってアンティークジュエリーの魅力を堪能なさいませんか
リーズナブルな価格が魅力。見学がてらお遊びにいらっしゃいませ
繊細で可愛いローズカットのダイアモンドとの出会いに胸躍る思い。
由美子さんの笑顔が浮かぶよう♪カメオの気品溢れるお花の細工、
優雅なネックレス、ピアス、ブローチなど普段使いに活躍しそうなものまで
目を見張るほど素晴らしい。

特にお見せしたいのが、18年間開催して初めてお目にかかった
1870年ビクトリア時代の純銀のホイッスルのペンダント
(形だけではなく、何と140年前からの音を放つ!)に感動しました。
また可愛いリボンがついた右足だけのスニーカーのペンダントなど
作者の遊び心が光ります。

紅茶の背景、イギリスの楽しい文化を感じて下されば嬉しいです。
紅茶は爽やかなスリランカの春摘み新茶をお楽しみ下さい

ベストシーズンのヌワラエリアは「スリランカの紅茶のシャンパン」と
呼ばれている。淡い黄金色、標高1800メートルの茶園の風が吹いてくる
かのような爽やかな香り 、繊細な味から時間の経過とともにパンチを放
ち華やかに変化するも強すぎないテイストに誰もが魅了されてしまう。
和食、洋食、中華、イタリアンなど殆どのお料理に合うオールマイティな
紅茶と言えます。無意識に美味しい!と飲んでる内に、
いつのまにかヌワラエリアの虜になられる方が多い!
シフォンケーキから重たい洋菓子、和菓子、お煎餅系統にもピッタリ、
風薫る五月の一番のオススメの紅茶です(^-^)/。
尚、パディントンのアフタヌーンティーは要予約です。

写真は由美子さんが去年の今頃コッツウォルズの森で撮影した
イングリッシュ ブルーベル
4月から調査中とのことで例年より開花が3週間ほど遅れて
いるとのことでしたので、今頃は満開になっていることでしょう。
由美子さんは英国政府公認ブルーバッジガイドのベテラン。
来週からたくさんの日本からのお客様をご案内するそうです。
去年の春エシェル・ド・アンジュでの由美子さんのトークショーでは
彼女にいざなわれてイギリス中を旅行している気分を味わって頂きました。
長い間お待たせしましたが、
過去9回行ってきた「パディントン英国紅茶紀行」をそろそろ復活させようと
先日のTELで由美子さんと一時間以上打ち合わせしていました。
素晴らしいプランになりそうです(^-^)/。


詳しくは パディントンティールーム 野浦まで(097-544-3636)

あなたの宝物が見つかるかも! 是非、一度、ご覧ください。